リロケーションの流れ

会社によっては転勤の多いサラリーマンがいます。せっかくマンションや一軒家を購入しても、転勤してしまったら住むこともできず、ローンを支払っていかなければなりません。転勤から帰ったら購入したマイホームに帰りたい、という思いが強く、売却をしないケースも多いです。売却しても希望通りの金額にならずに売れない、というケースもあり、転勤する際の自宅の管理については悩みを抱えることも多かったのです。

それならいっそのこと自分たちが住んでいない間は、必要な人に貸せばいいのでは?といった考えもありましたが、以前は借りる方の保護が強く、一度貸してしまうと、簡単には立ち退いてもらえないという状況があったのです。住んでいる年月が長いほど、居住権を主張され、高額のお金を支払わないと返してもらえない、という時代がありました。

その後歴史は変わり、借地借家法が制定され、定期借地権や期限付借家権が創設され、所有者は一定期間経過した後は、土地や家を返してもらえるようになったのです。定期借家権が導入されてからは、転勤の際の留守宅を一定期間賃貸する、リロケーションが注目される時代になってきました。法律上、期間を限定して家や土地を貸すことができるようになり、賃貸管理会社などがリロケーションサービスに力を入れるようになったのです。しかし、もともと第三者に貸すことを前提にしていない分譲マンションや戸建てであること、オーナーが不動産を貸すことに不慣れであることなどから、トラブルも発生しています。そういったトラブルを避けるためにも、リロケーションをする際には知識を持つことも必要です。

◇PICK UP
リロケーションサービスを行っている賃貸管理会社に家賃査定を申し込めるサイトです・・・賃貸管理会社

Copyright © 2014 リロケーションの歴史について All Rights Reserved.